※本コラムを引用される方はトラックバックを残していただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本の生徒の英語力はどの程度か?

文部科学省が昨年の4月4日に公表した、平成27年度の全国の英語教育の状況を都道府県別に公表しました。
 全国の都道府県となると、必ず序列がでてくるのですが、一応述べておくと、高校が群馬県(49.4%)、中学校は千葉県(52.1%)となっています。この数値は、政府が掲げる目標レベルに達している生徒の割合だそうです。
 政府の掲げる目標レベルとは、平成29年度までに卒業段階で高校生が英検準2級以上、中学生が英検3級以上相当の英語力をそれぞれ全体の50%以上身に着けることを求めています。
 また、この状況調査で興味深いのは、英語教員にも同様に英語レベルを求めていることです。英語教員の場合は、英検準1級以上か、それに相当する資格の取得としていて、これも目標が掲げられています。29年度までに高校教員が75%、中学教員が50%となっていますが、今回の結果では、高校教員が57.3%、中学教員が30.2%となっています。
 また、上位となった群馬県、千葉県では、授業が英語で行われていたり、生徒が身に着けるべき能力を段階的に示した指標を利用しているということです。つまり、何かしらの目標を掲げて、それに向けて何かしらの対策が具体的に県独自に行われているということです。
 さて、このような結果を受けて、私は色々と感じました。緑進学院では、小学生でも英語を行っていますが、週2回で1回たったの30分で、わずか1年足らずで英検5級は全員合格し、1年半で4級、さらには2年間で英検3級に合格する生徒すらいます。
 当たり前のことを、地道にやるだけです。たった週2回の30分ずつで普通の生徒たちがこのようなレベルに到達するのに、なぜ、学校ではそれができないのか?ということに問題があるように感じました。
 英語教員の英語力(準1級レベル)が問題になっているようですが、これはこれで英語の専門家としての英語力は必要でしょうが、それよりも授業の方法に問題が多分にあるのではないかと思っています。これまで私は公私立の多くの中高の授業を視察させて頂きました。そこでは、やはりこれは上手な授業だと感じた割合が5%以下であり、まれに素晴らしい先生がいると感動してしまうという状況でした。(本当はどの授業を見ても感動しなければならないはずなのに・・)英語力の前に、教員力といいますか、指導力といいますか、これが重要であると私は20年前から何度も言い続けています。近年はアクティブ・ラーニングの授業手法がにぎわっていますが(私もアクティブ・ラーニング講演会で何度も講師を務めています)これも、通常の授業が上手にできない教員は、アクティブ・ラーニングの授業も難しいということがわかっています。
 もちろん、英語力があればいいという問題ではありません。英語の運用能力(つまり論理的思考や読解力や教養など)はさらに重要なことですが、今は英語力という点についてのみ話をすると、このようなことになります。
 おそらく、このような統計データがでたので、各都道府県市町村の教育委員会では、英語力を高めるためにさらに対策を取ることでしょう。それは悪くありませんが、指導力が何よりも重要であることに注視し、それを飛躍的に上げていく対策の方が重要であると私は考えています。
  1. 2016/11/01(火) 00:00:00|
  2. 石田勝紀からの便り
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryokushin.blog71.fc2.com/tb.php/263-766c924f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。