FC2ブログ
※本コラムを引用される方はトラックバックを残していただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今の子どもの携帯電話事情

今の子どもが持つスマートフォン、携帯電話に関するお話です。昨年、ベネッセ教育総合研究所による中高生1万人を対象にした調査結果で、中高生の実態がわかってきました。一番、目を引くのは、自分専用のスマートフォンを持つ割合です。中1で24.5%、中3で48.8%、高1で87.5%です。おそらくこの割合はさらに年々あがっていくでしょうから、概算として、中学生は半分の生徒が、高校生は、ほとんど全ての人が持つということになるのではないでしょうか。一方タブレットは、中1が最も多い13.4%から始まり、学年が上がるにしたがって下がっています。これは、ごく最近、それこそベネッセが通信添削をしている生徒全員にタブレットをプレゼントしていることによるデータ結果と思われます。ですから、今後自分専用のタブレットを持つ生徒も増えていくことでしょう。
 またゲーム機についての調査も行われています。家族と一緒に使うものを持っていることも含めると、中1では86.5%、中3で80.8%、高2で75.3%と学年が上がるにしたがって、割合は下がっていきます。予想ですが、小学生の割合はさらに高い数値を持つのではないでしょうか。ゲーム機を持っていない子を探すことが非常に難しい状況という現状はどう考えてもおかしいのですが、そのおかしい状況を皆で作りだしているのですから、ブームとは怖いものです。
 さて、スマートフォンですが、これら未成年が使用するにあたって、何でも検索できてしまう万能携帯にフィルタリングをかけている割合はどの程度いると思いますか。平成25年末のデータですが、18歳未満で、パソコンが29.7%、携帯電話が50.3%、スマートフォンで38.9%、タブレットで25%となっています。おそろしいことです。携帯電話でも半分がフィルタリングしていないのです。急増しているスマートフォンに至っては、60%以上がかけられていません。日本は、サイトの掲載に関して非常にゆるいので、子どもは何でも検索して閲覧できてしまいます。なぜこれが法律で規制がかけられないのか不思議です。また、通信添削大手のZ会が調査(全国の高校生4657名を対象)した、高校生のLINE使用率は67.2%となっています。高校1年生が一番高く、72.4%という結果になっています。おそらくこのデータはZ会を取っている高校生を対象としているでしょうから、全国の実態はさらに高いことでしょう。
 大人よりも子どもはICTリテラシーが高いことは明白ですが、子どもは大人が知らないところで、いつでも簡単に情報にアクセスし、それらを駆使して人間関係を保っています。以前掲載した緑進便りで、女子高生のスマホの1日当たりの使用時間が7時間となっていると記載したこともうなずけます。男子よりも女子の方が、人間関係が密で複雑になっているため、そのような結果になるということも、ある意味必然なのかもしれません。
 親としては子どもが高校生ともなれば、ある程度「自覚を持ってやってくれるだろう」と期待すると思いますが、ちょっとした“誘惑”に人は簡単に流されていくものです。それこそ、デジタルではなく、アナログの会話をしていれば、それはある程度わかることでしょう。日々の自然な家庭内での会話、これはいくらデジタル化が進んでも、変わりなく行いたいものです。いや、デジタル化が進行すればするほど、益々、その重要性が増してくるように思います。基本的に、自らを戒め、自制できる人は、しっかりとした基礎教育(道徳や倫理感)を小さい時から教えられた人でしょう。ですから、日ごろから会話を通じて、このような観念を子どもに教えておくことは非常に大切なことでしょう。
  1. 2015/11/01(日) 00:00:00|
  2. 石田勝紀からの便り
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryokushin.blog71.fc2.com/tb.php/248-6b08200c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。