FC2ブログ
※本コラムを引用される方はトラックバックを残していただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国語ができない

「国語ができない」という言葉をよく耳にします。ニュースでも読解力が低下しているといったことをよく聞きますし、日本人でも「国語ができない」と思っている人は多いようです。
ここで言う「国語」とは何を指しているのでしょうか。
 学習指導要領によれば、「国語」とは大まかに、
  ① 話すこと・聞くこと
  ② 書くこと
  ③ 読むこと
これらの3つの内容に分けられることが分かります。
「国語ができない」と言うからには、この3つのうちのどれかが苦手、あるいは分からないということなのでしょうが、事はそんなに単純ではないような気がします。なぜなら、「漢字練習で培われた集中力が読解の時に役立ち、結果として読解力が上がった」という風に、それぞれの内容は他の内容に何かしらの影響を及ぼしているはずだからです。また、学習指導要領でも、3つの内容を総合して「国語」の内容としているのですから、1つの内容だけを取り上げて「国語ができない」と言ってしまうのは早計でしょう。このことから、「国語ができない」というのは上記3つのどれかができない状態ではなく、3つのうちのどれか1つの能力が欠けてしまったがために、「国語」全体ができなくなってしまったと考えるのが妥当なようです。
 生徒の様子を見ていますと、国語ができない生徒に最も顕著なのは、字が汚いということです。中学生には毎回漢字テストを課していますが、その練習をしたノートを見てみると、何かの暗号のような字が躍っていることが多々あります。このような字を書いてくる生徒は、見本があるにも関わらず正しい漢字が書けません。理由は簡単で、見本をいい加減に見て、いい加減に字を書いているからです。見本をいい加減に見る癖や、いい加減に字を書く癖がついてしまうと、文章を読むときにもいい加減に読む癖がついてしまいます。読むということはただ単に字面を追うだけでなく、文字から得た情報をどれだけ自分の中で整理したり想像したりするかが重要です。文章をいい加減に読んでいるような人に、このようなことができるわけがありません。
 また人の話を聞いたり、自分のことをうまく人に伝えられなかったりする生徒も、国語ができません。前者は人の話を集中して聞けないので、文を集中して読むこともできないということです。集中して文章が読めなければ、問題など解けるはずがありません。後者は人に何かを伝えるだけの語彙や文型を持っていないので、自分の言葉で文をまとめたり、文章を読んでも出てきた言葉の意味が分からなかったりする、といったことが起こります。
 このように、一口に「国語ができない」と言っても、それは様々な要因が重なり合った結果です。そのため国語を克服するためには、読みだけや書きだけのように1つのことを集中して練習するのではなく、上記の3つの要素をまんべんなく練習し、改善していかなければなりません。
  1. 2013/10/01(火) 00:00:00|
  2. 講師たちから
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryokushin.blog71.fc2.com/tb.php/221-a9df6966
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。