FC2ブログ
※本コラムを引用される方はトラックバックを残していただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

漢字テストの重要性

 緑進では、小学生の生徒に毎週漢字練習の宿題を課しています。宿題で漢字を練習してきてもらい、次の週に漢字テストを実施するというのが基本的な流れです。宿題として漢字練習を課すのは小学生までですが、私はこれをやったかやらなかったかで、中学生になってからの勉強に対する取り組み方が全く違うということを感じています。
 例えば、中学生になってからは毎週英語の単語テストがあります。中1の中には小学生の時から塾に通っている生徒もいれば、中学生になってから塾に入ってきた生徒もいます。この場合、小学生の時から通っている生徒は毎回の単語テストにほぼ合格してきます。単語テストは同じ範囲のものを3週繰り返します(合格ラインは上がります)が、仮に1回目で不合格になったとしても、次の週には合格してくることがほとんどです。一方、中学生になってから塾に入ってきた生徒は、1回目はほとんどの確率で合格できません。では次の週には合格してくるかというと、次の週も不合格になる生徒の方が多いです。
 このことは単語テストの勉強の仕方が分からないというのが主な原因ですが、決してそれだけではありません。なぜなら、私たちは新しい生徒に単語テストを行わせる時に、必ずその勉強の仕方を指導しているからです。それにもかかわらず単語テストに合格できないのは、その生徒に勉強する習慣がない、あるいは勉強する姿勢ができていないからです。
 小学生の時に行う漢字練習は、この勉強する習慣や勉強する姿勢を養うことに効果があります。緑進の漢字練習は「1日1ページ」を原則にしています。そのため1日の中に必ず漢字練習に取り組む時間ができます。これは中学生になってからも英単語を練習する時間や宿題を行う時間になります。このような時間を生徒が自分から作っていくことで、勉強する習慣や勉強する姿勢がおのずと養われていきます。また「やらなければならないことは必ずやる」という意識も身につきます。実際、小学生のときに漢字練習を忘れずにやってきた生徒は中学生になってからも宿題を忘れません。宿題を忘れないということは、学校の定期テストや模試の点数で良い点数をとれるということにもつながります。
 最近の風潮を見ていると、「とにかくテストの点数が高ければ良いから、そうなるための方法を教えて」という考えがあるような気がします。テストの点数を上げるための方法はいくらでもあります。しかしそれはあくまで方法なのであって、そこには勉強の習慣や姿勢が伴わなければなりません。もし「テストで点数を上げたい」と考えているならば、今の自分が「やらなければならないことを必ずやる」ことができているかを振り返り、できていない場合にはそうできるように行動していかなければなりません。
  1. 2013/06/01(土) 00:00:00|
  2. 講師たちから
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryokushin.blog71.fc2.com/tb.php/212-aafb9430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。