FC2ブログ
※本コラムを引用される方はトラックバックを残していただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本語ができないと勉強が大変になる

日本語ができないと勉強が大変になる
 私が今のクラスを教え始めてから、早いもので一年が経過しようとしています。様々なことが一年の間にありましたが、今回は私が教えている中で気づいたことを書いていきます。
 最も顕著に見られたことは、日本語が得意ではない、もしくは日本語に不自由してしまう生徒は、国語だけでなく他の教科でも苦労をしてしまうということです。ある中学2年生の生徒は、数学の計算はできる一方で、社会や英語などの言葉が絡んでくる教科に苦戦を強いられています。
 当たり前のことですが、日本に暮らしている日本人である限り、日常的に使う言語は日本語になります。そして日本語を使って他の人とコミュニケーションをとったり、日本語を使って目の前にないものをイメージしたりします。それは塾の授業や練習する問題においても同じです。したがって、日本語でのコミュニケーションや日本語を読んでイメージを膨らませることが不得意な生徒は、自然に勉強においても不自由を強いられることになってしまうのです。
 例えば、英語は英語的なセンスが何か必要なのだと思われている節がありますが、私は英語で重要なことは、いかに英語を日本語に近づけて捉えられるかだと考えています。「私は公園を歩いた」という文をつくりたい時に、「歩いた」という動詞はいつ行われたのかということに気づくことができない生徒は、英語でも過去形をつけ忘れます。「This building was built by them.」という文を日本語に直す時に、「建てられた」という言い方を知らなかったり、なかなか作れなかったりしてしまう生徒は、そのまま受け身の文章がよく分からなくなってしまいます。仮に「be動詞+過去分詞=受け身」という文法を覚えたとしても、それが文章の中に出てきた時には分からなくなってしまうでしょう。なぜなら、英語というよく分からない言語を、自分が知っている日本語に直すことができないからです。そうなると、英語は文法だけが全てではありませんから、全体として英語の点数は低くなってしまいます。数学でも文章題が出てくると、文章が理解できなかったために解けず、点数が低くなってしまったという話をよく聞きます。また、単語を暗記する作業などでも同じことが言えます。単語の暗記は言ってみれば、英単語を日本語のイメージに当てはめる作業です。「日本語=英単語(英語ではない)」というイメージを頭の中につくり出すことで、日本語を見たときに覚えた単語を即座に引き出すことが可能になります。ですから単語テストのためだけに、単語のみをひたすら練習することは、単語の知識を身につけることにはつながりません。本当の単語の知識は、英語と日本語を書いたり声に出してみたりすることをひたすら繰り返すことで身につくでしょう。そしてそのためには毎日の繰り返しが欠かせません。「日本語=英単語」というイメージを身につけるためには、その状態に慣れることが必要です。
 これらのことから、日本語は全ての教科の基盤となっていることが分かります。日常的に使っているため軽視されがちですが、勉強の際には日本語を理解することに重点を置いて取り組めば、今までなかなか解けなかった問題もだんだんと解けるようになるでしょう。
  1. 2013/03/01(金) 00:00:00|
  2. 講師たちから
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryokushin.blog71.fc2.com/tb.php/206-74e7a8b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。