※本コラムを引用される方はトラックバックを残していただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新年に何をするか

街を歩いていると、「新年になるから新しく~する」といった話を聞くことがあります。たいていの場合、そのような人は結局何もせずに終わる場合がほとんどである気がします。言っている本人もその場のノリだったり、冗談のように言ったりすることもあるので、それを一概に有言不実行であると責めることは必ずしもできるわけではないとも思えます。
 私が疑問に感じるのは、「新年だからといって新しい目標を立てる必要があるのか」ということです。もちろん新しく受験を迎えるような中学2年の皆さんには、自身の志望校に受かることができるようにしっかりと目標設定を行って欲しいですが、それもあまりに突飛なものでは達成する以前に設定した目標に取り組めないという事態に陥ってしまいます。そのような意味でも、果たして全く新しい目標を設定する必要はあるのでしょうか。
 私はそのような必要はないと考えています。なぜなら身近にある問題を解決せずに新しい目標(問題)を設定しても、その新しい目標(問題)を解決することはできないからです。例えば日頃のテストで30点しか取れない生徒がいきなり100点をとると言ったところで、それは不可能に近いことでしょう。間違えるからには間違えるだけの理由が存在します。その間違いに気づくことなく新たな目標を決めても、同じ間違いをするだけです。結果として、何の進歩もなく終わってしまうでしょう。少しでも進歩ある結果を求めるならば、現在の問題を解決できるような目標設定が必要となります。
 では、そのような目標設定を行うには何が必要なのでしょうか。当然といえば当然ですが、それは現状を見据えることだと考えられます。英語のbe動詞と一般動詞の区別がつかない生徒にそれらの区別をつけさせるような問題をひたすら解かせて克服させるように、まず自分には何が足りないのか、何を間違えやすいのかを明確にしなければ、それを正すための計画も立てられません。このことから、まずは過去の問題などを振り返り自分の弱点を自覚することが、現実的な目標設定や目標達成の近道と言うことができます。そうしてそのような現実的な目標達成を何度も繰り返すことができれば、今は理想でしかない目標に近づくことが可能になることでしょう。
  1. 2013/01/01(火) 00:00:00|
  2. 講師たちから
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryokushin.blog71.fc2.com/tb.php/201-eb05a60a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。