FC2ブログ
※本コラムを引用される方はトラックバックを残していただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私が思うリーダーとは

とある学習塾の宣伝で「でてこい未来のリーダー」という言葉を目にしました。リーダーとは何であろうかという疑問が浮かび、まずは「会社」という枠の中でのリーダーについて考えてみました。
一人で他人の2倍も3倍も成果をあげられる人がいます。そのような人を評価すべく成果主義を取り入れたいくつかの企業では、自身の業績を上げることに主眼が置かれ、部下を育てることがないがしろにされる傾向になり、中には業務のコツを伝えてしまうと、その人の業績が挙がってしまうので、それをしなくなる人も出てきたそうです。
トヨタでは成果主義を導入してからわずか1年半で元の体制、つまり評価を個人の成果が5割、チームの育成が5割の形に戻したそうです。そんなトヨタの社訓(トヨタウェイ2001)には「部下があなたに挑戦して、あなたの作った業務プロセスを改善するような風土を作ってください」とあります。リーダーには部下を育てる能力が求められているようです。
その昔、ある人に「リーダーとは自分に与えられた仕事を極力部下に割り振り、自分は仕事をしない状況を作るべきだ。君のように常に動いていては有事のときに対応できない」と言われました。確かにそのような考えも方もあるとは思いましたが、私は「指揮官が先頭に立って戦うからこそ、人はついて来る」というように考えているので、今の私のスタイルを変える気はありませんと彼には伝えました。「任君は子供だね、そんなんじゃ大人になれない」と言われたのを覚えています。ちなみに有事の際に彼は真っ先に逃げる『ズルい大人』でしかありませんでした。仕事を部下に振り分けるだけではリーダーとは言えないようです。
私の場合、小さいころに見たアニメの影響が多分にあるとは思いますが、戦艦の艦長や軍隊の総帥であっても常に最前線にたち、多大な戦果を上げ、その行動を見た他の者が憧れや敬意を持ってついてくる。それがリーダーだと思います。私自身もそうですが、生徒の皆さんにもそのようになってもらいたいと思います。

トヨタウェイ2001の行動基準
1.現場に行って問題を見つけなさい。
2.問題にすぐに取り組んではいけない。大きな視野でもう一度見つめ直しなさい。
3.本当に大事なことなら横に展開しなさい。
4.問題を見つけたあなたが決断して実行しなさい。
5.粘り強く最後までやり遂げなさい。
6.トヨタの源流である最も効率的な仕事のやり方、業務のプロセスを日々考えて下さい。
7.部下があなたに挑戦してあなたが作った業務プロセスを改善するような風土を作って下さい。
8.一人の部下に対して真剣に立ち向かいなさい。
9.部下の業績を評価して、結果を部下に伝えなさい。不十分なところの原因を考えさせ、指導しなさい。
10.尊敬され、人望のあるリーダーになって下さい。
  1. 2012/11/01(木) 00:00:00|
  2. 講師たちから
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryokushin.blog71.fc2.com/tb.php/196-ac4bc77e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。