※本コラムを引用される方はトラックバックを残していただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自己の振り返り

 現在、2ヶ月に1度の割合で「プロ教師になるための講座」を開催しています。この講座では、一人ひとりの先生に対して指導を行います。基本的な原則をはじめにレクチャーしてから、あとは実践です。実践で模擬授業を行うことで指導をしますが、普通に行われている模擬授業とは異なります。それは自分の授業をビデオを同時に収録し、そのビデオを全員で振り返りながら、問題点を模擬授業を行った先生も含めてフィードバックするという方法なのです。そしてそれらのコメントを取り入れて再度授業を行い、またビデオで収録し変化の差異を認識します。このような方法で研修会を行うことで、自分の授業を客観化でき、素直に人の指摘を聞くこともでき、成長の速度が一気にあがるのです。
 人は他人から指摘を受けると面白くないと感じます。そして大人は大抵、心の中で反発します。反発すればするほど成長は遠ざかります。したがって大人はなかなか成長しないようです。ましてや教師や講師という先生と呼ばれる立場の人は、いつも子どもたちを上から目線で指導し、“お山の大将”になりきっています。そして3年ほど先生として指導すると、自信がつくと同時に成長がそこで止まります。なぜとまるかといえば、反省することがなくなるからです。自己反省を繰り返し、常に生徒にとって良い指導とは何かを考えている場合は良いでしょう。しかし実際にはそのような人はあまりおりません。人からの指摘も減ってきます。新人のうちは先輩から色々言われますが、3年もやるとその指摘はなくなります。私も過去に苦い体験をしたことがあります。指導を始めて10年も経った頃でした。入塾説明会で私が話をしている場面を記録しようとビデオを撮ったことがありました。自分としては完璧な説明会でした。しかしその後、ビデオで客観的に振り返って見ると、見るも無残な最悪な話し方をしている自分がいるではないですか。これは本当にショックでした。主観と客観とはこうも違うものかと感じた瞬間でした。自分を振り返る大切さ、しかも実際に自分の姿や行動をビデオで振り返る大切さをここで実感しました。それ以来、私は研修ではこのビデオによる振り返りを必ずいれるようにしました。人から指摘を受けるより、自分で自分を指摘するほうがショックの程度が大きく、改善する可能性が非常に大きいためです。
 最近ではビデオは1人1台(携帯のビデオを含め)という時代になっています。人を映すのも良いですが、自分の行動をチェックするために使うこともできます。そのように使えばビデオは自己成長のための道具になるでしょう。色々な使い方ができます。工夫して使うことで、「語るよりも見せた方が早い」ことが実現できるのです。
  1. 2011/01/01(土) 00:00:00|
  2. 石田勝紀からの便り
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryokushin.blog71.fc2.com/tb.php/169-9362e1e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。