FC2ブログ
※本コラムを引用される方はトラックバックを残していただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読めてるのか

 子供の読解力低下が騒がれていますが、塾講師の目線から見てもそれは間違いありません。その原因の多くはTV(ゲーム)、マンガによるものだといわれていますが、こちらについては賛同できません。
 手前味噌な話ですが、我が家では中学校卒業までTV(ゲームも含む)は一日1時間(NHK教育、ハウス名作劇場はその限りではない)と定められていました。TVを見ないと時間が余り、暇で仕方ありません。かといって勉強はしたくありません。幸い、私の部屋には1000冊以上のマンガ本があり、これを何周も読み返すことで時間をつぶしました。分からない台詞は辞書を引くなどして言葉を覚え、その他の雑学も得ました。私の場合、教科書で学んだものよりマンガや本から得た知識のほうが多かったと思います。理科の授業で生徒に語る星座、原子、絶対零度などの知識も『聖闘士★星矢』から学んだものです。
 最近のマンガは台詞が少ない、コマ数が少ない、内容もつまらないものが多く、そこから得られる知識が少ないのが残念です。今でも幅広い世代に人気のある『名探偵コナン』などはやはり台詞・コマ数が多く、読み応えのあるものとなっているはずです。
 読み手も内容を追うよりは画を追うようになってきていると思います。少し前の話ですが中3生たちが次のような会話をしていました。
 「今週のナルトどうなった?」「ナルトがドンって戻ってきて、バっていって、ガガガっていっただけ。全然進んでない」まったく意味がわかりません。そこで私も読んでみました。敵から攻撃され窮地に陥っている仲間の元に、修行中であった主人公が現れ、一撃でその敵を倒すという内容で、主人公が驚異的な力を身につけて戻ってきたという物語の転機を描いた大事な回だったのですが、生徒は画と背景に描かれた擬音語しか読み取れなかったようです。
 こんなセリフの少ないマンガでさえも読み取れないのであれば、国語の読解なんてできるはずがありません。その後の入試に向けた国語の演習でも当然のごとく彼は苦戦し、かなりの数を解くことで入試ではなんとか目標点を超え、合格することができました。
 文庫本であれ、マンガであれ、読んでいて分からない言葉が出てきたら辞書を引き、読み返し、しっかりと内容を把握するべきです。ただ漠然と見て、理解したつもりになってはいませんか。あなたは本当に読めていますか。
  1. 2010/12/01(水) 00:00:00|
  2. 講師たちから
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryokushin.blog71.fc2.com/tb.php/163-b693b72c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。