※本コラムを引用される方はトラックバックを残していただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

失敗を恐れるうちは成長しない

子どもたちを指導していると、失敗に対する恐れを感じて勉強しているということがいつも感じられます。これは大人もそうかもしれません。もちろん、失敗することを目的として行うということはなく、成功する、正しい答えを出すために、活動をすることは言うまでもありません。

しかし、子どもたちの指導では、次のようなことは頻繁にあります。

例えば、「君はどう思う?」と聞いて、「ん~」「わかりません」など、さらに、「分かる人は他にいる?」と聞いても、小学生以外は、手はあがりません。私は、そのような状況に対して、間違いや失敗を奨励し、彼らの気持ちを変えていくことをしますが、一般的にはこのような状況が現実的です。

 では、このような失敗や過ちに対しての恐怖感はどこからくるものなのでしょうか?

これに対する、興味深い意見があります。それは、「選択肢問題による弊害」ということです。選択肢問題は一般的に4択、多くて5択です。4択の場合、間違える確率は75%、5択の場合で80%になります。つまり、間違える可能性の方が圧倒的に高いのですね。このような選択肢問題をいつもやらされていると、いつしか間違いを恐れ、答えないか、人と同じと答えておいた方が無難ということになります。何しろ、小学校の低学年あたりから選択肢問題がはじまり、大学入試まで続くのですから、かなりの年数です。記述問題があるとはいえ、多くの生徒は記述問題を敬遠する傾向にあり、実質的に選択肢問題に支配されている毎日です。
正解のない問いに対するディスカッションであれば、自由に発言ができるのですが、日頃から正解を選ぶトレーニングを積み重ねている生徒は、いきなり答えのない問いを与えられても、どうしても、「正解は何か?」「他の人はどういうのか?」が気になり、なかなか自分の意見がいえるようにはなりませんね。
 このようにして、失敗に対する恐怖心が“養成”されたあと、社会に出ていくのです。(ちなみに社会人になるにもSPIという一般常識問題があり、それも選択肢問題です)

 今後、アクティブ・ラーニング形式の授業形態が入るとはいえ、正解を選ぶ訓練から、学ぶ訓練へ変容させないと、形式が変わっても実質的には何も変わらないことでしょう。

 子どもたちには、「失敗をどんどんしろ!」「間違えるほど勉強になる!」ということを徹底して仕込み、そして形式にとらわれない、本質的思考を手に入れてもらいたいと思います。そうすることで既存の学校の成績も上がり、今後社会に出ても役立つ能力を手に入れることになります。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/01(水) 00:00:00|
  2. 石田勝紀からの便り
  3. | トラックバック:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。