※本コラムを引用される方はトラックバックを残していただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夜10時以降に寝る3歳児の割合29%

環境省が行った全国10万人の子どもを対象に行った健康調査で、夜10時以降に主神する子どもの割合が約30%にあがったということで話題になっています。また7%が睡眠不足の状態にあり、2歳から5歳までは早い時間に就寝して、10時間から13時間程度の睡眠が必要ということです。そのため、発育への悪影響などが懸念されるとして、環境省は継続して調査を行っていくということです。

この環境省の発表では、統計データの実態を述べているにすぎず、その背景については書かれていません。そこで、この数字をみて、おそらく多くの人は、単純に30%の3歳児が夜の10時以降に寝ているということで、いい加減な親が益々増加していると考えがちです。しかし、問題はそう単純ではないようです。

夜の10時以降に、小さい子どもを連れてコンビニから出てくることをよく見かけるという人は、親のいい加減さを言うことでしょう。また、一方で、働く母親で子どもを保育園に預けている人は、どうしても子どもを引き取りに行く時間が遅くなり、その後、家に帰ってから食事の支度をして、子どもを寝かしつけると10時を回るということも多いようです。近年、保育園不足の問題が言われていますが、働く女性の社会進出の増加もあり、このような状況になってしまうという、やむに已まれぬ状況があるようです。また、保育園では、お昼寝やバランスの取れた昼食もあり、子どもの健康に配慮しているということもあり、単純に、夜の10時以降に寝るべきというものでもなく、一日をトータルで考えれば、しっかりと睡眠時間が取れているという意見もあるようですね。
いずれにしても、保育園の整備、育休問題、女性の社会での活躍、就業のあり方など、多岐にわたる複合的な問題をはらんでいる問題です。このような事態においても、多くの小さい子を持つ働く女性は、頑張っているということが現実です。

これだけ、科学情報技術が進歩し、人間が行うべき作業が減っているにも関わらず、なぜ、余裕がない状況が生まれてくるのでしょうか。何か歯車がかみ合っていないところがあるのでしょう。今後、10年、20年とたてば、さらに世の中は変化しているはずでしょうが、今と変わらない余裕のない生活が続いてしまうと不幸なことです。しかし、おそらく保育園の整備が進み(法制が改正され現状のような厳しい基準が緩和されることでしょう)、ITのさらなる進化によって会社へ行かずとも仕事ができて育児との両立もできるようになり、副業が可能となる世界が来ると思いますので、そうなると働き方自体が劇的に変わってくることでしょう。そのような世の中になるにはもう少し先であるかもしれませんが、そう遠くない先であると言われています。

次世代を担う子どもにとって、今できる健全的なことは個人的に可能な限り行うとして、世の中の良き方向への変化を期待したいものです。
スポンサーサイト
  1. 2016/10/01(土) 00:00:00|
  2. 石田勝紀からの便り
  3. | トラックバック:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。