※本コラムを引用される方はトラックバックを残していただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恐るべきデータ マクガバンレポート

1977年、だいぶ前ですが、アメリカの民主党上院議員の「ジョージ・マクガバン」氏がまとめた「マクガバン・レポート」というものがあります。このレポートに従い食生活を変えたことで、がんやその他の疾病にかかるアメリカ人が急速に減ったということで有名なレポートです。そのレポートが発表された2年後の1979年にニューヨーク市の子どもたち100万人を対象に食事に関する調査が行われ、学力にどのような影響を与えるかということを4年間にわたって調査をしました。
その結果驚くべきことがわかりました。調査は、学校内のカフェテリアの内容を変えていくというものです。それまでは、ハンバーガー、フレンチフライ、ホットドックやコーラ、チョコレートミルクといったメニューでした。それを次のように変えていきます。
はじめに、飽和脂肪酸と砂糖を減らし、パンは食物繊維が多いパンに切り替えました。
その結果1年後、標準学力テストの平均点が39点から47点へアップしました。
2年目は、さらに「合成着色料」「合成甘味料」を使った加工食品をなくしました。その結果、さらに平均点は51点へ上がりました。
3年目は、2年目までの結果が偶然性または他の要因にあるかどうかを検証するために、2年目と同様の条件をさらにもう1年続けた結果、平均点は51点で2年目と全く同点数がでました。
4年目は「合成保存料」を添加した加工食品を一掃した結果、平均点はさらにあがり、55点まで上昇したということです。
はじめの年からの推移で見ると、39→47→51→55と140%以上になっていることがわかります。この調査では、この4年間教師の給与を上げることもなく、クラスの児童数も変わらず、カリキュラムの内容も変えておらず、変えたのはカフェテリアのメニューだけであると、この調査にあたったアレキサンダー・シェラス氏は語っています。なお、同様の実験調査は、バージニア州のある少年院でも行われ、短期間で凶暴性が少なったという報告もされています。
糖質、脂質の取りすぎが体に悪いことは、誰でも知っています。また添加物については悪いかもしれない程度の認識があることでしょう。今、子どもたちを取り巻く食は日本食から欧米食へと変貌し、スナックや飲料も大変多くの糖質や添加物でまみれています。砂糖や添加物はいい商売になり、しかもそれを使う側は安く作れるため大量に使用します。かつてはこのような裏情報はあまり表に出ませんでしたが、最近はかなりでてきています。添加物に関しては、欧米と比べ大量の複合添加物が使われ、農薬は全世界の農薬生産量の70~80%を日本が消費しています。また最近は、このような情報が巷に流通してしまったため、逆に、無添加と表示すれば高い値段で売れるということもあり、コンビニでも「合成保存料、合成着色料不使用」というおにぎりが売っています。本当にそうであればすぐに腐ります。これは、厚生労働省が表示しなくていい添加物を定めており、それを使っていても、表示しなくてはいけない添加物を使っていなければ「合成保存料、合成着色料不使用」と書けるという背景があります。
“商品”ではなく“食物”を取ることは、教育的観点からも非常に重要なことでしょう。しっかりとした知見に基づき、判断したいものです。
スポンサーサイト
  1. 2016/06/01(水) 00:00:00|
  2. 石田勝紀からの便り
  3. | トラックバック:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。