※本コラムを引用される方はトラックバックを残していただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PISAとは何か

今回は、PISA(国際的な学力テスト)について述べようと思います。その言葉を聞いたことはあっても、内容についてはあまり知らない方が多いのではないかと思います。まず、PISAの調査はOECD(経済協力開発機構)によるProgramme for International Student Assessmentの頭文字をとったものです。そして参加国が共同で国際的に開発したテストを実施しています。対象は15歳児となっており、日本では高校1年生に当たります。2012年に行われた調査は65か国・地域(OECD加盟34か国、非加盟31か国・地域)、約51万人の生徒を対象にしています。2000年に32か国から始まったこの調査は3年おきに行われ、2012年では65か国と12年で倍以上の参加国・地域となっています。 地域とは香港、マカオや上海などを指しますが、そのような地域も含めての順位であるということを承知しておく必要があるでしょう。
次に、この調査は読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーを柱に、国際オプションとして2012年にはコンピューター使用型調査(デジタル数学的リテラシー、デジタル読解力、問題解決能力)も実施され、学習の背景要因として、数学における興味関心、学校における学習環境、学校外の学習環境(塾や予備校、インターネット使用状況など)も生徒対象に調査されています。さらに学校長対象の調査も同時に行われています。実は実態調査というものが行われており、これらはマスコミで報道されませんが、かなり重要な情報が入っています。
PISAの調査では、「義務教育終了段階の15歳児がもっている知識や技能を、実生活の様々な場面で、どれだけ活用できるかをみるものであり、特定の学校カリキュラムをどれだけ習得しているかをみるものではない」とされているため、思考プロセスの習得、概念の理解、などを様々な状況の中で生かす力を見ることになっています。日本では、全国の高校1年生に当たる母集団約119万人の中から、調査をする学校を決定し、さらにその学校の中で無作為に調査対象生徒を選出するという層化二段抽出法をしています。結果として全国191校(学科)の約6400人が参加しています。その結果が今回の日本の結果数値です。
2012年調査では、2時間の筆記型調査と30分の生徒質問紙を実施した後、国際オプションである、40分間のコンピューター使用型調査も実施しています。問題は多肢選択式及び自由記述式から成っています。なお、問題は世界統一ではなく、6.5時間分に相当する問題を用意し、問題の組み合わせによって13種類の問題冊子と作り、その内の1種類を解くようになっています。コンピューター使用型調査も同様で、24種類のフォームがあり、そのうちの1種類の40分かけて解くのです。
平均点は、OECD加盟国の生徒の平均得点が500点になるように換算されています。(標準偏差は100点)2010年にはチリ、エストニア、イスラエル、スロベニアがOECDに加盟したため、これらをOECD加盟国として扱って結果を分析したことから、必ずしも500点になっていませんが、ほぼ500点になるように換算されています。
いかがでしょうか。以上がPISAの概要です。単純に順位が上がった、下がったとは言えないということがお分かりいただけたと思います。これらはOECDのホームページで見られますので、ご興味のある方はどうぞご覧ください。
スポンサーサイト
  1. 2014/06/01(日) 00:00:00|
  2. 石田勝紀からの便り
  3. | トラックバック:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。