※本コラムを引用される方はトラックバックを残していただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本語ができないと勉強が大変になる

日本語ができないと勉強が大変になる
 私が今のクラスを教え始めてから、早いもので一年が経過しようとしています。様々なことが一年の間にありましたが、今回は私が教えている中で気づいたことを書いていきます。
 最も顕著に見られたことは、日本語が得意ではない、もしくは日本語に不自由してしまう生徒は、国語だけでなく他の教科でも苦労をしてしまうということです。ある中学2年生の生徒は、数学の計算はできる一方で、社会や英語などの言葉が絡んでくる教科に苦戦を強いられています。
 当たり前のことですが、日本に暮らしている日本人である限り、日常的に使う言語は日本語になります。そして日本語を使って他の人とコミュニケーションをとったり、日本語を使って目の前にないものをイメージしたりします。それは塾の授業や練習する問題においても同じです。したがって、日本語でのコミュニケーションや日本語を読んでイメージを膨らませることが不得意な生徒は、自然に勉強においても不自由を強いられることになってしまうのです。
 例えば、英語は英語的なセンスが何か必要なのだと思われている節がありますが、私は英語で重要なことは、いかに英語を日本語に近づけて捉えられるかだと考えています。「私は公園を歩いた」という文をつくりたい時に、「歩いた」という動詞はいつ行われたのかということに気づくことができない生徒は、英語でも過去形をつけ忘れます。「This building was built by them.」という文を日本語に直す時に、「建てられた」という言い方を知らなかったり、なかなか作れなかったりしてしまう生徒は、そのまま受け身の文章がよく分からなくなってしまいます。仮に「be動詞+過去分詞=受け身」という文法を覚えたとしても、それが文章の中に出てきた時には分からなくなってしまうでしょう。なぜなら、英語というよく分からない言語を、自分が知っている日本語に直すことができないからです。そうなると、英語は文法だけが全てではありませんから、全体として英語の点数は低くなってしまいます。数学でも文章題が出てくると、文章が理解できなかったために解けず、点数が低くなってしまったという話をよく聞きます。また、単語を暗記する作業などでも同じことが言えます。単語の暗記は言ってみれば、英単語を日本語のイメージに当てはめる作業です。「日本語=英単語(英語ではない)」というイメージを頭の中につくり出すことで、日本語を見たときに覚えた単語を即座に引き出すことが可能になります。ですから単語テストのためだけに、単語のみをひたすら練習することは、単語の知識を身につけることにはつながりません。本当の単語の知識は、英語と日本語を書いたり声に出してみたりすることをひたすら繰り返すことで身につくでしょう。そしてそのためには毎日の繰り返しが欠かせません。「日本語=英単語」というイメージを身につけるためには、その状態に慣れることが必要です。
 これらのことから、日本語は全ての教科の基盤となっていることが分かります。日常的に使っているため軽視されがちですが、勉強の際には日本語を理解することに重点を置いて取り組めば、今までなかなか解けなかった問題もだんだんと解けるようになるでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/01(金) 00:00:00|
  2. 講師たちから
  3. | トラックバック:0

英語のできる国、できない国

日本は英語ができない国として有名です。バルト三国(バルト海沿岸のエストニア、ラトビア、リトアニアの3つの国)のような英語のできる国では英語を武器にして優秀な人は海外へ流出してしまっているようです。幸い、日本は英語ができない国民なので、流出しなかったともいえます。
10月に2週間かけてヨーロッパ6か国を訪問してきました。国はドイツ、オランダ、ベルギー、フランス、スイス、イタリアです。英語に関して述べると、フランス、イタリア以外は一般市民でも英語はできます。フランスでは英語の勉強は学校で少々やったが、英語よりもスペイン語に力をいれたという話も聞きました。フランスはご存じのとおり、かつては国際標準語です。世界の近代化はフランスから始まったといっても過言ではありません。そのプライドの高いフランスは英語を重視していないのだろうかと想像してしまいますが、実際のところはわかりません。しかし現実にパリのお店では英語ができる人が少ないことに驚かされます。イタリアにいたっては英語ができる人を探すのが大変なぐらいです。おそらく、アジアも含めて英語ができない国民としてはフランスとイタリアが相当順位高くでてくると思います。しかしこれはほぼすべての国に共通していえることですが、現在の学校(小中高)では英語をかなり重視しており、若者を中心に今後は英語ができる国民が増えてくることは間違いないでしょう。日本も例外ではありません。私が学生のときは英語のリスニングにはあまり力を入れていませんでしたが、現在はTOEICを真似てかリスニングに相当力を入れています。あとはスピーキングですが、韓国では大学入試でスピーキングまで盛り込んだテストが考案されているように、徐々に話すことに力点が置かれだしています。また、現在はICT(情報通信技術)の発達によってスカイプなどのテレビ電話を使って世界中だれとでも無料で話ができる時代です。ですから、今後10年、20年と経つにしたがって、英語で自然と会話できる環境ができるようなるでしょう。そう考えると、冒頭でも述べましたように、人材の流出入という現象が世界規模で起きてくることが予想されます。もし自分が英語が自由に話せる人であったならば積極的にそれを活用し、他国と交わろうとしませんか?またはそれが活かせる仕事に就こうとしませんか?ICTの発達とともに事実上、仕事をする上では国境はなくなっていくことでしょう。そうなると重要になることは「英語」ができることではありません。ヨーロッパでアイルランド人、ドイツ人、スイス人、フランス人と英語で話をしていたときに、みな自国の良さを積極的にアピールしていました。日本人も日本のことが積極的にアピールできるかどうかが問題となりました。彼らはさらに文化や歴史について質問してきます。それに応えられないということは彼らの間ではありえないことでありますが、果たして今の若者が応えられるか疑問です。つまり、グローバル化した社会では、ますます日本人であることが要求され、自国について知り、それを積極的に語ることができるかどうか、また日本人の良さを十分に発揮して、世界の中でも平和的思想に基づき諸問題を解決できるかどうか、そのお手本が試されます。ですから、今後、歴史、文化、教養について何でも貪欲に吸収する人間になろうと努力することが求められるように思います。
  1. 2013/03/01(金) 00:00:00|
  2. 石田勝紀からの便り
  3. | トラックバック:0

昔は良かった

「昔は良かった」の昔っていつ?
私には100歳になる祖父がいます。ほぼ寝たきりで、目はほとんど見えておらず、体も思うように動かないようで、ここ最近ではしゃべるのでさえ辛そうです。幸い、地獄耳は健在で、高校野球やプロ野球の中継を聞くことが唯一の楽しみのようです。
 そんな祖父が「昔は良かった」というのです。最近ではプロ野球が地上波で見られず、昔は毎日放送していたのにとか、体が自由だったころが懐かしいとか。そんな祖父を見ていると、長く生きるのも考え物だなと思ったりもします。とはいえ、中国では辛亥革命、日本では関税自主権の回復、そのような年に生まれ、関東大震災を経験し、終戦、高度経済成長期と私には教科書上の出来事としか捉えられない出来事を体験してきた人の「昔」はなかなか重みがあるものです。
 ところで、私の同級生たちも「昔は良かった」というのです。俺らのころは学力が高かったとか、最近の若者は挨拶もできないとか。私は小中学校の頃を思い出せと言われると悪いことばかりが浮かんできます。もちろん楽しかったことや、うれしかったことも思い出せないわけではないのですが、私は根に持つタイプなので悪い出来事ばかり浮かんできます。今の記憶をもったまま、あのころに戻ってあの出来事をなかったことにしたいとは思っても、あの頃をもう一度過ごしたいとは思いません。今は、車を運転すれば遠くへ行くこともできますし、親の意見に左右されずに自分の意思で買い物もできます。休日に遅くまで寝ていても親に愚痴っぽく起こされることもありません。そんな今を捨てて、あの頃に戻るなんて考えられません。
 「最近の若者は…」について、私の同級生たちと私の生徒たちに限定すると、あきらかに今の生徒たちの方が学力は高く、礼儀も正しい。自分たちを正当化するために下の世代を悪くいうのを早々に辞めないと、ろくな大人にはならないぞと同級生にいうと、「おっさんくさい説教するな」と言われてしまいます。自分を若者だと思い、同級生からおっさんくさいといわれる私は若いのでしょうか、若くないのでしょうか。よくわからない中途半端な年齢であるなと思う今日この頃です。
  1. 2013/03/01(金) 00:00:00|
  2. 講師たちから
  3. | トラックバック:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。