※本コラムを引用される方はトラックバックを残していただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新年度を迎えるにあたって

新たな年度を迎えました。本年度より入学されました皆様へは数ある塾の中から緑進学院を選んでいただき感謝申し上げます。ご入学されました以上、心からお子様のために指導させていただきます。
 4月号は毎年、年度初頭ということもあり緑進の基本的な指導方針をお話したいと思います。
緑進では生徒の「心の状態」をとても重視しています。どんなに多くの宿題を出そうと、どんなに多くのテストを行おうと生徒自身の心が前向きになっていなければ、一時的現象ですべては終わるということです。本物になりたいようであれば、まずは心を前向きにすることからはじめなくてはなりません。そして、礼儀等のしつけと呼ばれることを当たり前に行うことです。その上ではじめて勉強のやり方になります。これらをまとめると次のようになります。
1. 心をしつける→心の状態を絶対積極にする→失敗を失敗と考えない考え方
2. 体をしつける→挨拶、時間を守る、整理整頓→秩序を守る
3. 頭をしつける→論理性、感性、問題意識→無駄のない勉強方法を

 緑進ではこのような原理で指導しています。もちろん、勉強はしっかりやっています。勉強指導にいたっては完全に無駄を排除します。勉強には無駄な部分があってもよいという考えもあります。しかし塾は学校とは異なり時間に限りがあります。その非常に限られた時間内で必要な知識を入れる必要があります。そのためにはどうしても無駄を排除していく必要があります。緑進では21年の蓄積において無駄のない指導方法を確立しています。

 ここでとても大切なことがあります。それは塾だけでは子どもの成績を上げることは不可能であるということです。もっと正確に言えば、学力をあげるためには家庭のご協力がなければならないということです。しかしながら勉強に対して、ご家庭で「勉強しなさい!」というのではありません。ご家庭においては、心と体のしつけをしていただけるだけで十分に学力はついていきます。ですから物事をプラスでみる習慣、そして元気よく挨拶し、時間を守り、きちんと片付けられる子になっていれば、勉強は自ずとやるようになるのです。これは世の教育家が皆、異口同音に唱えております。

 これから新しき1年が始まります。何でも結構です。お子様に関して気になることがあれば、すぐにご連絡ください。そして一緒に大切なお子様を育ててまいりましょう。それではこれからはじまる新たな一年を宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/01(木) 00:00:00|
  2. 石田勝紀からの便り
  3. | トラックバック:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。