※本コラムを引用される方はトラックバックを残していただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏バテ

夏が大好き、「暑い暑い」と言いながら食欲モリモリ。活動的な人には全く理解できない夏バテ。しかし夏バテはいつ起きるか分かりません。もしものときに備えて、そのメカニズムや原因を紐解いてみましょう。
実は夏バテにははっきりした定義がなく、いくつかの特徴的な症状を総称して「夏バテ」と呼んでいます。夏バテの原因は主に、暑さと水分補給不足、栄養不足による、と言われています。以下にその原因と対策をまとめてみました。
(1) 暑さと冷房による自律神経の弱化
 体温を調節する自律神経は、5度以上の温度差に対してショックを受けます。暑くなると人は汗をかきその蒸発で体温調節をしますが、その時湿度が高いと汗の蒸発が妨げられてしまいます。その為に熱が体内にこもり、更に疲れやすくなるのです。
対策:冷房の温度を27~28℃にする/涼しいところで適度な運動をする

(2) 体内の水分とミネラルの不足
 人間の体温は36~37度のときが一番スムーズに活動すると言われています。夏になると気温が上昇して体温も上がるため、身体は汗をかいて体温を下げようとします。 しかし汗は、体内の水分と一緒にミネラル分も体外へ排出してしまうため、身体に必要なミネラル分も大量に失われてしまいます。すると、脱水症状をおこすなど、体調に異常を発生させてしまいます。
対策:汗をかいたらこまめに水分補給(炭酸飲料などは控えめに)

(3) 暑さによる消化機能の低下、栄養不足
 真っ先に思い浮かぶ夏バテの症状に「食欲がなくなる」ということを挙げる人が多いのでは? 暑いと胃の消化機能が低下してしまい、栄養の吸収が悪くなり、食欲不振を起こしてしまいます。栄養の吸収が悪くなると、ビタミン、ミネラル、たんぱく質といった身体に必要な栄養素が不足し、疲れやすくなります。 また、暑いからといって冷たい飲み物をとりすぎると、胃腸が冷えてはたらきが低下し、さらに食欲がなくなってしまいます。
対策:酢の物を食べる(身体のはたらきをスムーズにする)/たんぱく質をとる(身体をつくる)/野菜を摂る(ビタミンやミネラルをしっかり摂る)

夏バテは若い中学生や高校生など、学生もなります。せっかく夏に勉強したことも、秋の模試で発揮できないこともあるかもしれません。そんな悔しいことにならないためにも、自分の身体をしっかり管理しましょう。
スポンサーサイト
  1. 2007/12/08(土) 20:04:48|
  2. 講師たちから
  3. | トラックバック:0

辞めていただく基準

 今月号は「辞めていただく基準」というお話をしたいと思います。随分とネガティブな内容だと思われるかもしれませんが、これはしっかりとお話をさせていただかなくてはならない内容です。
 一般的に、塾では入塾基準というものはあっても退塾基準というものはなかなかありません。それはなぜかと申しますと、辞めてもらうと収入減となり困るからです。塾では効果がないと思われる生徒でも残しておきます。通常そのような生徒を“お客さん”と呼びます。
 ここで考えたいことがあります。それは塾とは本来どのような姿であるべきかということです。確かに、事業を営んでいる以上、収入があってはじめて経営は存続します。しかし、教育というある意味、聖職にあたる事業を営んでいる以上、子どもたちの人生を正しく方向付け、学力をしっかりとつけさせる必要があります。したがって、単なる“お客さん”として生徒を塾に在籍させることは罪悪であると私は考えています。
 緑進では、入塾の段階で診断テストを行います。これは今現在どのレベルにあるかを確認し、その子にあった指導を計画するためです。決して落とすためではありませんが、入塾をお断りさせていただくケースも稀にあります。それは、今の時点で緑進に入ることでその子が不幸になると判断したときです。つまり、本人が全くやる気がなくご家庭のご協力もいただけないときは、間違いなくその子は塾に行くことで不幸になります。しかし、そのようなケースはあまりありません。にも関わらず、緑進は敷居が高い、落とされるのではないかという風評が一部あると聞いたことがありますが決してそのようなことはありません。そして、一旦、お引受した以上は、私達はその子の成績を上げるために全力で取り組みます。その手法は指導3原則です。心をまず前向きにさせます。次にしっかりと躾けをいたします。そしてその結果、正しき環境の中でストレスなく子どもたちは勉強をして成績をあげていきます。
 しかし、残念なことに、途中でお辞めいただくというケースがあります。それはご家庭のご協力がいただけない場合です。学校成績はただ点数が良ければよいというものではなく、学校での提出物や宿題をしっかりと行うということも評価に入っていきます。当然といえば当然です。社会に出て、重宝される人というのは、やるべきことをしっかりと行い、なおかつ積極的に改善できる人です。いわゆる偏差値だけが高いという人が問題になっているのはこういう背景があります。このようにやるべき最低限をしっかりと行う指導は、日常の生活のあり方と関連しているため、ご家庭との協力体制で指導を行いますが、協力が得られないときがあります。一時的に詰め込み勉強をやらせて暫定的に成績をあげるように見せることはできます。しかし、本質的に何も変わっていないため、すぐに下がっていきます。本質的に成績をあげるのが緑進の役割ですので、このようなときは、その子を不幸にさせてしまうため、残念ながらお引取りいただきます。
 私達がこのように考える理由は、形式的な学力向上ではなく、本物の学力向上(一生の財産になる継続的な学力)を行うからです。塾は世の中にたくさんあります。その子が幸福な方向へと進むのであれば、その子にあった塾に行けばよいと私は考えています。こういう視点で私達は日頃、ご子息を指導させていただいております。本当に素晴らしい人間になってもらうために、人間力の向上と学力の向上を実現させていきます。これからもどうぞ宜しくお願い致します。
  1. 2007/12/01(土) 15:34:31|
  2. 石田勝紀からの便り
  3. | トラックバック:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。