※本コラムを引用される方はトラックバックを残していただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国語ができない

「国語ができない」という言葉をよく耳にします。ニュースでも読解力が低下しているといったことをよく聞きますし、日本人でも「国語ができない」と思っている人は多いようです。
ここで言う「国語」とは何を指しているのでしょうか。
 学習指導要領によれば、「国語」とは大まかに、
  ① 話すこと・聞くこと
  ② 書くこと
  ③ 読むこと
これらの3つの内容に分けられることが分かります。
「国語ができない」と言うからには、この3つのうちのどれかが苦手、あるいは分からないということなのでしょうが、事はそんなに単純ではないような気がします。なぜなら、「漢字練習で培われた集中力が読解の時に役立ち、結果として読解力が上がった」という風に、それぞれの内容は他の内容に何かしらの影響を及ぼしているはずだからです。また、学習指導要領でも、3つの内容を総合して「国語」の内容としているのですから、1つの内容だけを取り上げて「国語ができない」と言ってしまうのは早計でしょう。このことから、「国語ができない」というのは上記3つのどれかができない状態ではなく、3つのうちのどれか1つの能力が欠けてしまったがために、「国語」全体ができなくなってしまったと考えるのが妥当なようです。
 生徒の様子を見ていますと、国語ができない生徒に最も顕著なのは、字が汚いということです。中学生には毎回漢字テストを課していますが、その練習をしたノートを見てみると、何かの暗号のような字が躍っていることが多々あります。このような字を書いてくる生徒は、見本があるにも関わらず正しい漢字が書けません。理由は簡単で、見本をいい加減に見て、いい加減に字を書いているからです。見本をいい加減に見る癖や、いい加減に字を書く癖がついてしまうと、文章を読むときにもいい加減に読む癖がついてしまいます。読むということはただ単に字面を追うだけでなく、文字から得た情報をどれだけ自分の中で整理したり想像したりするかが重要です。文章をいい加減に読んでいるような人に、このようなことができるわけがありません。
 また人の話を聞いたり、自分のことをうまく人に伝えられなかったりする生徒も、国語ができません。前者は人の話を集中して聞けないので、文を集中して読むこともできないということです。集中して文章が読めなければ、問題など解けるはずがありません。後者は人に何かを伝えるだけの語彙や文型を持っていないので、自分の言葉で文をまとめたり、文章を読んでも出てきた言葉の意味が分からなかったりする、といったことが起こります。
 このように、一口に「国語ができない」と言っても、それは様々な要因が重なり合った結果です。そのため国語を克服するためには、読みだけや書きだけのように1つのことを集中して練習するのではなく、上記の3つの要素をまんべんなく練習し、改善していかなければなりません。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/01(火) 00:00:00|
  2. 講師たちから
  3. | トラックバック:0

『仕事[J]=力[N]×距離[m]』

私は我が強いというか、頑固というか、良く言えば周囲に流されにくいというか、とにかく自分の考え、意見を曲げるのが嫌いです。しかし、それを他人に押し付けようとも思いません。ですから、生徒たちに極端な話をする際に、必ず「これはあくまで俺の考えであって、必ずそうしろとは言わないし、違うよと思うのであればそれいいが」という前置きをします。今回もこのような前置きをさせていただいたうえでちょっと極端な話をさせていただきます。
 中3物理(力学)のお話です。仕事を求める公式は『仕事[J]=力[N]×距離[m]』であります。そこで問題です。10000Nの力で大きな荷物を押して運ぶとします。しかしその荷物はまったく動かなかった場合の仕事の値を求めなさい。
 そうです。答えは0です。この荷物を押している人は10000Nの力を発揮しました。相当な力です。しかしながら荷物はピクリとも動かなかったため『10000N×0m=0J』となってしまうのです。
 この仕事の求め方と同じ考え方をした場合、いくら長時間勉強をしたとしても点数がまったく上がらなければ、その価値はゼロなのです。つまり、やるからには何かしらの成果をあげなければやらないのと同じというわけです。したがって、ダラダラと適当にやらずに必ず一定の成果を上げるという目的意識を持って物事に当たれと生徒はもちろん、自分にも言い聞かせています。もちろん成果があがらなくともやったことは無駄にはならないという事例は多々あり、私にもそのような経験はあります。しかし、必ず成果を上げるという目的意識をもって事に当たったほうが、物事の多くは良い結果を生むはずです。
 よく英単語を覚えられないという生徒がいますが、絶対に覚えてやるという意識を持っていますか。まずはそういった「やるからには成果を上げる」という意識をもってください。それから事に当たってください。
  1. 2013/10/01(火) 00:00:00|
  2. 講師たちから
  3. | トラックバック:0

アニメと小説で想像力を養う

私はアニメが好きで、各季で平均して週に10本くらい見ているのですが、同時に面白かったアニメの原作もなるべく読むようにしています。最近のアニメは漫画が原作のものだけでなく、ライトノベルが原作のものも増えてきています。私が面白いと思うアニメはなぜかライトノベル原作のものが多いので、時季ごとに部屋のライトノベルが増えていきます。
 同じ作品でも、アニメから受ける印象と小説から受ける印象は全く違います。例えば、主人公が何か行動を起こした時、アニメならば表情や声の感じから、私たちはその主人公の心情をなんとなく想像することができます。一方、小説では同じ主人公の行動だとしてもきちんと心情が書かれており、どうして主人公がその行動をとったかを理解することができます。しかしこちらは行動自体を想像しなければなりません。
 また、アニメを先に見たか、小説を先に読んだかによっても、作品の印象は違ってきます。アニメを先に見た場合、小説を読んだときに私は「この場面はこういう心情だったのか」とか「このキャラはこういう描写なんだ」とか感じることが多いです。また小説を先に読んだ場合には「ここの描写、こんな風に絵にするのか」とか「自分が想像していたのとはちょっと違うな」とか感じています。いずれにしても、アニメになっているものと自分の想像がどれくらい違うかを楽しんでいる部分があります。
 こういうことを繰り返していると何が良いかというと、文字を読んだときに、その映像を想像することができるようになることです。これは主に国語の物語文や古文を解くときに役に立ちます。登場人物の行動が想像できるならば、あとはその場面に適切な心情を当てはめていけば良いからです。論説文でも図などを想像することが必要なこともありますから、そういう場合にも有効です。またどんな教科でも、基本的に問題は文字で書かれていますから、文字で読み取ったことを想像できるということは、問題を読んでからスムーズに設問にとりかかることができるということにもつながります。そういう意味では、このような想像力は全教科的に役立つとも言えるでしょう。 瀬沼大夢
  1. 2013/07/01(月) 00:00:00|
  2. 講師たちから
  3. | トラックバック:0

ごみ問題

 現在、多くの地方自治体でごみの分別回収が行われています。これにより、ごみの量が減りリユース(再利用)、リサイクル(再生利用)率も上がっています。
 ところで、このごみを燃やすための燃料が必要になってしまったという話をしっていますか。焼却施設では、ダイオキシンなどが発生しないほどの高熱でごみを焼却します。この高熱を得るための燃料がプラごみです。石油を原料とするプラスチックはよく燃えるのです。
また、そこで発生した熱を老人ホームの暖房や、温水プールに利用するなどのコ・ジェネレーションシステムも発達しており、環境に優れた焼却施設も数多くあります。
 ところが、プラごみを分別回収し、リサイクルに回した結果、ごみ自体の燃える力が少なくなってしまいました。ごみの4割は水気の多い生ごみです。燃えにくい上に、燃えても十分な温度に達しません。そこで今では化石燃料(石油、石炭、天然ガス)を投入しているそうです。石油の使用量を減らすためにプラごみを分別回収しているのに、ごみを燃やすために石油を投入するというのは、皮肉な話です。
 分別によりどれくらいの石油が節約され、ごみを燃やすためにどれくらいの石油が消費されているのかというデータは残念ながら見つかりませんでしたが、良いことと思われていることが本当に良いとは限りません。それによってどんなメリットがあり、どんなデメリットがあるかを知ることが大切です。

注:焼却炉の現状は自治体により異なりますので、すべてが上述の通りではありません。任賢勇
  1. 2013/07/01(月) 00:00:00|
  2. 講師たちから
  3. | トラックバック:0

漢字テストの重要性

 緑進では、小学生の生徒に毎週漢字練習の宿題を課しています。宿題で漢字を練習してきてもらい、次の週に漢字テストを実施するというのが基本的な流れです。宿題として漢字練習を課すのは小学生までですが、私はこれをやったかやらなかったかで、中学生になってからの勉強に対する取り組み方が全く違うということを感じています。
 例えば、中学生になってからは毎週英語の単語テストがあります。中1の中には小学生の時から塾に通っている生徒もいれば、中学生になってから塾に入ってきた生徒もいます。この場合、小学生の時から通っている生徒は毎回の単語テストにほぼ合格してきます。単語テストは同じ範囲のものを3週繰り返します(合格ラインは上がります)が、仮に1回目で不合格になったとしても、次の週には合格してくることがほとんどです。一方、中学生になってから塾に入ってきた生徒は、1回目はほとんどの確率で合格できません。では次の週には合格してくるかというと、次の週も不合格になる生徒の方が多いです。
 このことは単語テストの勉強の仕方が分からないというのが主な原因ですが、決してそれだけではありません。なぜなら、私たちは新しい生徒に単語テストを行わせる時に、必ずその勉強の仕方を指導しているからです。それにもかかわらず単語テストに合格できないのは、その生徒に勉強する習慣がない、あるいは勉強する姿勢ができていないからです。
 小学生の時に行う漢字練習は、この勉強する習慣や勉強する姿勢を養うことに効果があります。緑進の漢字練習は「1日1ページ」を原則にしています。そのため1日の中に必ず漢字練習に取り組む時間ができます。これは中学生になってからも英単語を練習する時間や宿題を行う時間になります。このような時間を生徒が自分から作っていくことで、勉強する習慣や勉強する姿勢がおのずと養われていきます。また「やらなければならないことは必ずやる」という意識も身につきます。実際、小学生のときに漢字練習を忘れずにやってきた生徒は中学生になってからも宿題を忘れません。宿題を忘れないということは、学校の定期テストや模試の点数で良い点数をとれるということにもつながります。
 最近の風潮を見ていると、「とにかくテストの点数が高ければ良いから、そうなるための方法を教えて」という考えがあるような気がします。テストの点数を上げるための方法はいくらでもあります。しかしそれはあくまで方法なのであって、そこには勉強の習慣や姿勢が伴わなければなりません。もし「テストで点数を上げたい」と考えているならば、今の自分が「やらなければならないことを必ずやる」ことができているかを振り返り、できていない場合にはそうできるように行動していかなければなりません。
  1. 2013/06/01(土) 00:00:00|
  2. 講師たちから
  3. | トラックバック:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。