※本コラムを引用される方はトラックバックを残していただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

目標設定は正しいのか?

「目標設定は正しいのか?」という問い自体、愚問であると思われるかもしれません。正しいに決まっているだろうと言われそうです。しかし私はこれに対して少し懐疑的な気持ちを持っているのです。今回はこのテーマについて話をしたいと思います。
はじめに、目標設定の持つ効果について考えてみましょう。
・目標があることで、一歩先に踏み出すことができる
・目標を決めると、現状との差が明確になり、何をすべきかがわかる
・目標があると、スケジュールが立てやすい
・目標設定をすると、イメージができやすい(イメージができると達成しやすい)
と、他にもあるでしょうが、これぐらいはざっと出てきます。私は、これらは間違っているとは思いませんし、実際これらが嘘であれば、とっくのとうに目標設定理論は崩壊し、巷の書店から関連本が消えていることでしょう。ですからある一面正しいのです。しかし、よく考えてみたいのです。目標を作る目的は、その状態に至りたいからであり、達成することが目的です。では、本当に目標設定すると達成できるのでしょうか。私は講演会や研修会で次のことをテーマに皆さんによくお話をします。それは「目標は達成されることはない」ということです。これは誤解を招きやすい内容なので次のような説明が必要です。
「3位になりたいと思う者は、3位を目標にしていては決して達成することはない。3位になるものは、常に1位を目指していたものだ。点数で80点取りたいのであれば、90点以上とる勉強をしなくてはならない。80点を目標にしていては、80点は取れないのである。100m走で最高タイムを出す者は、110mと10m先に目標を設定している。100mに設定するとそのゴール直前で気を抜くため失速する。1流は少なくとも10%先を見て行動しているのである。」
 以上の話は、「(形式的)目標設定値は達成されない」という内容です。ですから私は1歩から2歩先を設定するように皆さんにはお話をするのです。
 しかし、ここでさらにもう一段疑問が出てきます。
「一流を目指して、二流。超一流を目指して、一流。では、超一流はどうしているのか?」
 これに対する回答が今回、お伝えしたい本質の部分です。それは次のようなものです。
「超一流は、飽くなき使命の追求、強い継続した好奇心の結果、達した状態のことであり、具体的な目標は存在しない。目標を設定した段階ですでに目標値という“天井”が出来上がっており、それ以上になることはないのである。大学のランクで例えれば、東京大学がトップであるが、そのトップの大学の中でも、1番で合格するものもいれば、ビリで合格するものもいるのである。上位合格者は、偏差値による目標設定を意識せず、勉強を『学問』としてとらえ、深い好奇心のもとにその学問を追求している。下位合格者は、勉強を一生懸命やり、模擬試験での目標設定を行い、継続的努力を続けて合格している。また一日一善は道徳的に正しいが、目標をこのように決めることなしに、常に人に対して喜ばれることをやろうと考える者は、一善はすでに通過し、二善も三善も自然体で行われる。一日一善を設定したものは、目標達成を数字で考え、その数字を達成するために日々努力をすることになる。しかし、これはやがて継続心があるものとそうでない者とで、結果に大きな差がでる。そして多くの場合、継続心はないのである。」
スポンサーサイト
  1. 2015/02/01(日) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。